あれこ れこーど

音楽・趣味を中心の雑記

最強のドーピング、「オナ禁」をやってみた

最近ネットで話題(?)になっているオナ禁(オナ◯ー禁止)を試してみました。

これを書いている時点でちょうど60日。

そのうち、以降の効果も追記したいと思います。

 

 

ご存知ない方の為に、オナ禁のメリットを説明すると

  • 目に力が宿り、顔が引き締まる
  • 肌がキレイになる
  • 髪が抜けにくくなる
  • 眠りが深く、寝起きがよくなる
  • 活力が増し、疲れにくくなる
  • クヨクヨ悩まなくなる
  • 気持ちが前向きになり、行動的になる
  • 筋肉が付きやすくなる
  • 体臭が改善する
  • 集中力が増し、仕事・勉強で成果が出る
  • 自信が湧いてくる
  • 結果、以前と比べて女性にモテやすくなる

などなど、メリットは数え切れないほどあるようです。

 

私はどうやらそこまで性欲の強い方ではないらしく、週に2〜3回ほどの準オナ猿でした。(オナ猿とは、オナ◯ー中毒の猿野郎のこと)

他人のオナ◯ー事情なんて興味がありませんでしたが、調べてみると「日課」にしている人も多いみたいで、逆に感心したものです。よくそんなにやって動けるよなぁ、と。

 

というわけでそこまで性欲が強くない私は、生来の我慢強さもあり、比較的簡単にオナ禁に成功しました。

20代で、性欲の強い人だとなかなか大変みたいですね。

 

なぜオナ禁を始めたか

そりゃモテたいからですよ!

 

というのは既婚ですから(半分)冗談ですが、上記のモテる以外の効果が人生に及ぼす影響って、相当大きくないですか?

失うものなんてないのですから、やらなきゃ損ですよね。

私はもともと悲観的で疲れやすい上に、今現在の仕事のゴタゴタでくたびれてしまっていました。これでは人生、苦しくなる一方だなと思っていた次第。

そんな現状を打破するために、藁にもすがる思いでネットで見つけたオナ禁を始めたのです。

できればくたびれた状態ではなく、心身とも健康な状態で試してみたかったですね。

 

実感した効果

 〜3日

  • 体の重さが抜け、睡眠の質が多少よくなる。
  • ムラムラし始める。

 

〜7日

  • エネルギーが出てきて、意欲的になってくる。
  • 寝起きがスッキリする。
  • 目が大きくなったかな?
  • 血行が良くなったのを感じる。
  • ムラムラが酷い。

 

〜14日

  • 常にムラムラしていて、道ゆく女性を目で追ってしまう(スミマセン)。
  • 勉強や行動に対しての意欲が高まる。
  • 以前より悩まなくなり、明らかに元気になったのを実感するのもこの頃。
  • 気持ちも前向きになる。
  • いわゆるスーパーサイヤ人状態?(界隈ではオナ禁によって得られる無敵感をそう呼ぶそうです。)

 

〜30日

  • ムラムラも収まりはじめて、だいぶ楽になる。が、女性は目で追ってしまう。
  • 前向き、意欲的なのは変わらず。
  • 睡眠の質はまあまあ。
  • しょうもない人間を見ると以前よりイライラする。攻撃性が増した。
  • 気持ちの浮き沈みが頻繁に起こる

 

〜60日

  • ネットではこの頃に絶頂期を迎える、とのことで楽しみにしていたのだが、無気力になる日も多い。
  • 体調は良いが絶好調とまではいかず、睡眠もいたずらに長くなってしまう。(この頃本格的に暑くなってきたので、夏バテなのかもしれない)
  • ムラムラもあまり気にならない程度になる。以降の継続は容易であろう。
  • そういえばヒゲの伸びるスピードが遅くなったか?

 

今のところ(60日)の所感

ネットではホンマかいな?というような効果が散見されますが、60日現在はそこまでの効果は感じられません。もしかしたら、若くて性欲が強い人であれば、効果が覿面に顕れるのかもしれませんね。

それと私の場合は、ネットで言われている30日目の効果が14日目、60日目の効果が30日目と、前倒しで顕れました。

 

30日を過ぎてから、これといった変化を感じないので、オナ禁効果も打ち止めなのかな、と思ったりもしています。

もちろんリセットなどせず、このままオナ禁を継続して効果を実証するつもりです。

 

肌質や体臭の改善については、私はもともと問題を感じていなかったので、今のところオナ禁による効果はわかりません。

 

エロ禁の重要性

オナ禁と平行してエロ動画なども禁止しないと、効果は半減するようです。

私はこれを知らずに、ついついそのようなサイトを覗いていました。覗いていたのにオナ禁を継続できているのには、我ながら感心しますが。

 

オナ禁効果が半減する理由としては、「テストステロン」と「ジヒトロテストステロン」の関係があるようです。

簡単に説明すると、テストステロンがポジティブな影響を与える男性ホルモンであるのに対し、ジヒトロテストステロンはネガティブな影響を及ぼす男性ホルモンなんです。

(ネガティブの内容については、上記オナ禁のメリットを反対にしてください)

 

オナ◯ーをする、エロ動画に興奮するなどで、ジヒトロテストステロンが分泌されてしまうようです。

個人的にはオナ禁よりも、エロ禁の方が難しいと感じています。

 

あとは気というか、雰囲気。

常習的にエロ動画鑑賞なんてしていたら、そういう空気を身にまとってしまうのではないでしょうか。口惜しいですが、動画鑑賞もやめましょう。

(私はこの記事を書いている時点で、エロ禁14日程度です。こっちの方がオナ禁よりホントにキツイ...)

 

夢精 

14日を超えてから、一度だけ夢精しそうになりました。あぶないあぶない。

人によっては夢精で快感を思い出して、オナ禁に失敗してしまうようです。

私はどちらかというと無縁のようですね。

 

食事・運動と規則正しい生活

テストステロンを増やすためには非常に大切なことです。

特に夜更かしなどはジヒトロテストステロンを増やしてしまい、せっかくの

オナ禁効果を半減させてしまいます。

私は14日目あたりで夜更かしの長時間エロ動画鑑賞をやってしまい、次の日にものすごい疲れを感じました。リセット(オナ◯ーでオナ禁継続を0日に戻してしまうこと)はしませんでしたが、効果が出ていただけに、もったいない。

 

もともと私はあまり食べませんが、ジャンクフードもジヒトロテストステロンの好物です。炭水化物(糖分)・脂質は抑えて、栄養バランスを考える。

運動して血液の循環をよくしないと、せっかくのテストステロンも全身に行き渡らず、効果は半減してしまうでしょう。

 

ストレスやムラムラも解消できますし、心身ともスッキリします。運動は良いですよ。

ソースは不確かですが、長距離のマラソンなどはテストステロンを減少させてしまうとか。

 

Q. ところで女性にモテるようになるの?

A. わかりません。

すみません。ナンパとかしていれば、この辺の効果も実証できたかもしれませんが。

でも道ゆく女性に声をかけてみたくなります。以前は考えられなかったことで驚いています。

 

確信しているのは、オナ禁をするだけではモテないっていうことです。

オナ禁で自信をつけて行動し、その結果オナ猿の頃よりは結果が出る、くらいのものだと思います。

オナ禁とは、オナ猿になることで失われた、もともとの自分のポテンシャルを取り戻すことが目的ですので、自分の能力以上のことはできません。

 

特に問題なのは、「これをすれば・あれをやれば簡単にモテる」という短絡的な思考がモテない原因ってことです。

 

良い機会ですので、オナ禁と一緒に非モテマインドも改善しちゃいましょう。

 

 こちらもどうぞ

nytheme.hatenablog.com

 

nytheme.hatenablog.com