読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこ れこーど

音楽・趣味を中心の雑記あれこれ

インド旅行記 最高に濃くてカオスな国でした タージマハル編

みなさん、ナマステ!

 

みなさんのインドのイメージってどんなでしょう?

「カレー」「ガンジー」「0が生まれた国」「紅茶」などでしょうか。 

物騒なニュースもよく耳にしますので、「危なそう」という印象もあると思います。

私もインドに行くのは少しビビっておりましたが、やはり旅好きとしては外せない国でしょう。意を決して行ってまいりました。(2014年秋)

 

旅のプランは?

今回は一人旅。日本でそこそこ安いツアーを申し込み、現地人のガイドさんに案内してもらいました。

デリー、アーグラー、バナーラス(ベナレス)、アウランガーバードを2週間ほどで回るコースです。

インド旅行を全て自分で手配し、ガイドも自分で現地で雇おうと思うと、相当な難易度に感じました。詐欺師も多いですからね。

安心安全な国ではありませんし、完全にひとりで行った知り合いも、いろいろなトラブルに逢ったようです。強盗とか。

インドの完全な個人旅行は、一人旅の経験と知識があり、トラブルも楽しむ余裕がある方向けですね。

 

代理店を通すなら、大手であるほど快適で、料理やガイドさんの質もいい傾向です。

お金をとるか、快適さをとるか。無理をせず、身の丈にあったプランがいいでしょう。

 

デリーに到着

日本から直行便でおよそ8時間。キレイな空港でしたよ。

f:id:nytheme:20170213220218j:image

北インドは日本と経度があまり変わらないので、気候も日本と同じくらいかな。

秋に行きましたが、朝夜は冷えますな。 

暑いイメージがあるのは南の方です。

 

空港から市内には、車でおよそ1時間ほど。

f:id:nytheme:20170213214732j:image

 

インドでは文化の違いに驚かされてばかりでしたが、空港を出ていきなり驚きました。

 

とにかく交通マナーが悪い!

 

クラクションが常時鳴りっぱなし、4車線の道路に6列で走る車、そんな中をバイクがスイスイすり抜けて行く、、、。

 

ひえ〜、なんて面白い国だ!と思いましたよ笑

ほんまカオスです。

 

他の都市にも行ってわかったんですが、デリーは大都会なので比較的マナーはいい方です。初めてインドに行くひとは「これでマナーがいい方なのか」と驚かれることでしょう。

 

ホテルに到着。今夜はここで、おやすみなさい。

ホテルのみなさん、めちゃ親切でした。

f:id:nytheme:20170213231811j:image 

 

インドではトイレットペーパーを使う習慣がありません。手と水で洗います。

私も覚悟して行ったのですが 、中級以上のホテルにはトイレットペーパーが置いてありました。

 

アーグラーへ

翌朝。これから夢のタージマハルを見に行きます。

日本の9倍の面積を誇るインドの移動は電車が基本です。

ですが本数はめちゃくちゃ少ないし、1時間程度の遅刻は当たり前。

電車が来てもそれが正しい電車なのかわかりづらいし、すぐに出発してしまうので、基本的にダッシュです。

分単位のスケジュールで、かつほとんど遅刻のない日本の鉄道事情を話したら、ガイドさん、「ホントデスカ?」って驚いてましたわ。

ほんまカオス!

f:id:nytheme:20170213214759j:image

 

2時間ほどでアーグラーに到着。

f:id:nytheme:20170213214911j:image

 

写真のリクシャーが現地人の足です。

日本人はぼったくられるので、乗るときは覚悟を。ちゃんと事前に交渉をすること!

f:id:nytheme:20170213214933j:image

とはいえ、たいていの日本人はインド人より裕福です。

現地人より多く取られることに、あまり目くじらを立ててもね。

 

タージマハルに行く前に、アーグラー城に。

f:id:nytheme:20170213220456j:image

 

まるで要塞だ。

f:id:nytheme:20170213220641j:image

 

わかりづらいですが、遠くにタージマハルが見えます。

f:id:nytheme:20170213220714j:image

 

さて、このアーグラー城とタージマハルがなんなのか知らないと、ほえ〜すごい城だなぁ、で終わってしまいますので、ちょっと歴史の授業を。

 

タージマハルはお墓なんです。

シャー・ジャハーンという皇帝が、亡くなった愛する妻のために建てたものです。

しかし謀反を企てた息子、アウラングゼーブによってシャー・ジャハーンはアーグラー城に幽閉されてしまいました。

7年後に死を迎えるまで、毎日妻に思いを馳せはがらタージマハルを見ていたことでしょう。

なんとタージマハルの対岸に、自分の墓として「黒いタージマハル」を建てるつもりだったとか。ぜひ見てみたかったなぁ。

 

念願のタージマハルへ

タージマハル正門

f:id:nytheme:20170214001817j:image

ここをくぐると、、、。

 

出た〜〜〜〜、タージマハル!!

f:id:nytheme:20170213215108j:plain

 

おお、なんと美しい、、、。

時間帯によって陽の光で、タージマハルはその姿を変えます。 

さすが世界一美しいと言われるだけありますわ。ハンパねぇ。

 

タージマハル内部にも入場できます。

その際は靴を脱ぐか、靴にビニールを被せます。

内部で勝手にガイドしてくれる人がいますが、有料です

必要なければきちんとお断りしましょう。ノーマネー。ノーサンキュー。

f:id:nytheme:20170214171025j:image 

 

インド人ってどんな感じ?

昼はカレー。手前の米や真ん中のナンに、数種類のカレーをつけて食べます。

f:id:nytheme:20170213215241j:image

うまいんですが、毎日何食もカレーが出てくるものですから、食事が二日目でいやになりました。カレーじゃないときはとても嬉しかったものです。

食べられるだけ、ありがたいんですけどねー。

この辺りはツアー会社にもよるでしょうな。

 

多くのインド人はヒンズー教徒で、彼らは食事の際に右手のみを使います。

左手は「不浄のもの」で、食事中は一切使いません。ナイフやスプーンなども使用せずに、素手で器用に食べます。右手のみでナンをちぎって食べるのには感心しました。

だもんで指はどんどん汚れていきます。

おしぼりはないし、その指はどうするのかな、と観察していると、、、。

 

ベロベロと舐めてました!

 

今夜は夜行列車でガンジス川に向かいます。

だいぶ時間が余ったので、公園で休憩。写真はガイドさん。

f:id:nytheme:20170213215401j:image

 

ガイドさんは医学生で、バイトです笑

でも優秀ですよ。英語・イタリア語・日本語とインドの方言を数種類喋れます。

インドは国土の広さから方言が多数あり、同じインド人でも言葉が通じません。

なので英語が公用語として使われているんですね。

語学を勉強している身としては、非常にうらやましい環境です。

 

お互いに英語と日本語を教えあいながら、わきあいあいと楽しく過ごしました。

予定にないコースに連れて行かれて、ぼったくられましたけどね。

無理やり連れて行かれたわけではありません。日本人の人の良さが分かった上で、上手に提案してきます。

行きたければ行けばいいし、嫌なら断りましょう。

多少は食い下がってきますが、「上に報告するよ?」といえば黙ります。

バレたらクビになりますからね。

 

ガイドさん本人が言っとりました。

 

「インド人を信用してはダメ」

 

でも、いい人もたくさんいますよ。

 

夜行列車はインド旅行の醍醐味

これから夜行列車で10時間かけてガンジス川を見に行きます。

f:id:nytheme:20170213220051j:image

 

電車がいつまでたっても来ません。めちゃくちゃ寒いです。

ガイドさんにどのくらい遅れるのか聞いたら、「インド人にもわからない」と言われました。

f:id:nytheme:20170214165612j:image

 

結局3時間遅れで到着。ひどい時は半日以上遅れるらしいです。

寝台列車は寒いし狭いし快適とは言えませんが、なかなかいいものです。

f:id:nytheme:20170213220119j:image

相部屋のインド人とたまに喋ったり。(ガイドさんには喋るな、と言われましたが)

少しくらい英語ができた方が楽しいですよ。

 

相部屋のにいちゃんに、「日本語のムシムシってなに?」と聞かれました。

「蒸し蒸し」かなと思い、日本の夏はジメジメしている旨を伝えましたが、にいちゃんは納得いかない様子。

思い返せば、あれは電話するときの「もしもし」だったのかもな!

 

晩御飯はもちろんカレーですわ!

 f:id:nytheme:20170214165755j:image

 

まだまだカオスな旅は続きます。