読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこ れこーど

音楽・趣味を中心の雑記あれこれ

レザークラフト:入門編 キットのブックカバーをつくる

HOBBY

今日はブックカバーキットに挑戦します。

f:id:nytheme:20170110192700j:plain

 

レザークラフトは一から作ろうと思うと、いろいろな種類や厚さの革から適したものを選び、寸法をとって裁断しないといけませんが、キットだとそれらをやってくれているので、入門には非常にいいものだと思います。

他にも財布やカバンなど、いろいろなキットがありますよ。

 

 

ブックカバーキット製作に使ったもの

  • トコノール
  • プレススリッカー
  • コンパス
  • 菱目打ち(4本・2本)
  • 目打ち
  • 木槌
  • ゴム板
  • 両面テープ(2mm幅ほどの細いもの)
  • 縫い針(2本)
  • 革用スムース糸
  • ハサミ(カッターでもOK)
  • ライター

床面を磨く

まずは床面(裏側)にトコノールを塗ります。

f:id:nytheme:20170211154020j:image

 

 半乾きになったらプレススリッカーで磨く磨く。

f:id:nytheme:20170211160029j:image

 

磨くこと数分。腕が疲れてきた、、、。

ムラも気になりますなぁ。

トコノールは一気に全体に塗らないほうがいいのかな。

f:id:nytheme:20170211160057j:image

 

 

f:id:nytheme:20170211160147j:image

 

1時間ほど置いたもの。

多少ムラは残るものの、トコノールも乾いて滑らかな触り心地に。

f:id:nytheme:20170211160204j:image

 

穴をあける

コンパスで穴あけのガイドラインを引いていく。幅は3mmです。

f:id:nytheme:20170211160328j:image

私は裏面にガイドラインを入れてしまいましたが、表面にライン入れるのが基本です。 

 

コーナーも慎重に。

f:id:nytheme:20170211160351j:image

 

キットを仮組みして、穴をあける。

f:id:nytheme:20170211160409j:image

 

菱目打ちを木槌で叩いて、あけるあける。

 f:id:nytheme:20170211165922j:image

 

ふー、けっこう疲れますね〜。

重なった革の穴が上下でズレないようにするのは、コツや経験が必要そうです。

だいぶ雑にあけてしまったので、職人さんが見たら卒倒するかも。

f:id:nytheme:20170211165949j:image

二枚の革を重ねて菱目打ちする場合は両面テープで固定します。

私はそれに気づかずにテープを使わず、無駄にハードルを上げて余計な穴をいくつも空けてしまいました。

 

糸を縫い付ける

 

側面を磨く 

そうそう、最後に側面も磨かないとね。

側面はプレススリッカーの凹面を使うと磨きやすいです。

f:id:nytheme:20170211160127j:plain

 

本とペンをつけて完成