読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこ れこーど

音楽・趣味を中心の雑記あれこれ

リズム感を効率よく鍛えてプロのような演奏に フレーズの細分化で楽器をマスター

MUSIC

「楽器のキャリアはそこそこあるし、高度なフレーズも演奏できるんだけど、アマチュアっぽい演奏から脱却できない」

 

それはもしかしたらリズムが悪いのかもしれません。

ていうか、リズムが良ければ簡単なフレーズでもプロの演奏のように聞こえます。

さあ、楽しく練習してプロ並みの演奏力を身につけましょう!

 

 

用意するもの

メトロノーム

これがなきゃ始まりません。音楽室にあるようなアナログなものでもいいのですが、できればデジタルの、音が鳴るタイミングを細かく変えられるものがいいです。

スマホのアプリなど、今は無料のものも多いので、ぜひインストールしてください。

 

録音機器

こいつも重要です。録音の習慣のない人は、たいていキャリアのわりに伸びていません。

練習の時は必ず録音しましょう。上達度合いが倍は違います。

録音機器はスマホのボイスメモ機能や、小型のレコーダーなど、たくさんあります。

可能であればDAWソフトの導入をオススメします。

 

DAWソフトならメトロノームも録音機能も入っている

DAWとはDigital Audio Workナンチャラの略です。

細かい説明は省きますが、GarageBandが有名ですね。

せっかくこんな便利な時代に生きているのですから、使えるツールは全部使いましょう。

DAWを使う利点はメトロノームと楽器の音を分けて録音できることです。

 

メトロノームと録音を一緒に聴くと、演奏がイマイチでもそれなりに聞こえてしまいます。メトロノームなしでもリズム感があるかどうか判断するために、演奏と分けて録音したいところ。

 私はiPadiPhoneGarageBandをインストールして録音しています。もはやこいつが無ければ練習ができません。こんな高性能なソフトが無料だなんて、、、。

パソコンを持っておらず、かつガラケーという環境でなければ、サクッとDAWソフトを導入しましょ!

 

それでは長くなりましたが、具体的な練習に入りたいと思います。

 

まずは録音してみましょう

例えばこんなリズムを繰り返す曲があるとします。

f:id:nytheme:20170323130939p:plain

 

8小節分程度、演奏を録音してください。

もちろんメトロノームを鳴らしながら。
音程はなんでもOK、ピアノやギターはコードがいいでしょう。ただしワンノート、ワンコードで。音程やコードを変えるとリズムがヨレやすいので、ここではリズムのみに集中します。

テンポは♩=100くらいがいいかと思います。

 

リズムの基本をおさらい

自分の演奏を聴き返してみてどうでしたか?
メトロノームに対してハシってる?モタってる?
「なんか違和感があるけど、具体的にどこが悪いかよく分からない」という方も多いのではないでしょうか。では次の例題をやってみましょう。

 

ホントに基本すぎて面白くないですが、果たしてこれが正確にできますか?

f:id:nytheme:20170323131306p:plain

 

すべてジャストにするのはなかなか大変です。

 

できていれば、裏拍を追加してみましょう。

f:id:nytheme:20170323133447p:plain

 

裏拍はモタっていませんか?

モタった裏拍につられて次の表拍が遅れていませんか?

だいぶ自分のクセが分かると思います。

裏拍を鳴らせるメトロノームであれば、リズムの分析、矯正がしやすいです。

 

フレーズを細分化してリズム感を鍛える

 だいぶリズムも正確になってきたのではないでしょうか?

次は最初の例題を細分化して、徐々に音数を増やします。まずは譜面の一小節目を繰り返しましょう。

f:id:nytheme:20170323125856p:plain

 

できましたか?

 1小節目がジャストであれば、今度は2小節目を繰り返します。

2拍目裏の16分のあとに休符と8分の裏が来ますから、ここでヨレやすいと思います。

コツは休符でも表の拍を意識することでしょうか。

できるようになったら、また音数を増やします。

このように、少ない音数から正確な演奏ができるようにしていけば、曖昧だったリズムを矯正できます。

楽器に限らず、問題は細分化して解決しちゃいましょう。

 

さいごに

リズム練習はとても地味なものですが、だからこそ、ひとと差が付きやすい要素です。

正確なリズムでの演奏はかっこいいし、何よりとても気持ちいいですよ!

 

 

正しい歯磨きで歯を健康に 噛み締め・歯周病対策

HEALTH

歯が痛い!

 

先日左の奥歯が痛むようになりました。

常時痛むのではなく、噛み合わせた時に鈍い痛みが出ます。

 

なんか違和感あるな〜、と思ってはいました。

まあそのうち治るだろうと、特段気にもしていませんでしたが、ついに先日の食事中にいきなり、「ビリッ!」と。

ぐわ、なんじゃこりゃあ!?

 

私が歯に痛みが走ったのはニンジンを食べていた時です。硬いものだけでなく、割と柔らかいものを噛んでも痛むので、本当に困りました。

まだ歯が痛くなるような年齢でもないと思っていただけに、二重にショックですよ。

 

 

痛みの原因は「噛み締め」と「歯周病

歯医者に行くと、「睡眠時の噛み締め」と「歯周病」が原因と診断されました。

歯周病で土台が弱っているところに、噛み締めが重なった結果だろうということです。

私のように、固いものだけでなく、柔らかいものを噛んでも痛みが出る人は多いようです。味付けのりとか、痛いです。

 

噛み締めと歯ぎしり

睡眠時の噛み締めや歯軋りは、自分では気付きにくく、対処もしにくいので非常に厄介です。症状のひどい人は奥歯が割れたりするようです。ヒエ〜

原因はストレスじゃないかと言われていますね、思い当たる節がありすぎます(笑

どうりで朝起きたら顎が疲れてるような気がするわけだ。

年度の変わり目のストレスがかかる時期に症状が出る人も多いみたいです。

歯に強い負荷がかかると歯周病を悪化させてしまいます。

 

クセになっていませんか?

睡眠時に噛み締めてしまう人は、日中も無意識に噛み締めていたりします。

意識してみると、確かに私もやっていました。こんな状態では、眠りの質はそんなに良くないでしょうね。

 

正しい口の状態は、上側の前歯の裏に舌の先端をつけて、上下の歯を閉じずに隙間を空けます。口は閉じましょう(笑)

(笑)と書いてしまいましたが、実はこれは笑い事ではなく、口呼吸になっている人も結構いますので、一緒に矯正しちゃいましょう。口呼吸にも健康リスクはたくさんありますし、歯周病を悪化させてしまいます。

 

鼻炎で鼻呼吸できない?うーん、困りましたね。耳鼻科に行ってください。まずは自分がなんのアレルギーを持っているかを把握して対策をしましょう。

花粉・ダニ・ハウスダストなどが代表的なアレルギーの原因です。

 

ちなみに私はすべてのアレルギー反応が出ました。

 

マウスピースで対策

多少お金はかかりますが、市販品ではなく歯医者さんで作ってもらうことをオススメします。保険適用で5000円くらいでした。歯ぎしりの程度にもよりますが、寿命は数年とのこと。

私が市販品を使った感想ですが、オーダーメイドに比べて違和感が大きく、さらには前歯まで痛める結果に。たかだか数千円の違いですし、オーダーメイドにしちゃいましょう!

 

虫歯はないけど歯周病

ところで、私は虫歯になったことがありません。

虫歯は乳幼児期に親から菌が感染して、虫歯ができる土壌が作られるのですが、3歳以降は口内に虫歯菌が繁殖できなくなります。

食事の口移しなどが原因でしょうが、両親の愛情が仇になるとは、なんとも悲しいことです。

両親の育て方が良かったのかなぁと思いきや、私の妹には虫歯があるので、たまたま運が良かったのでしょうね。

 

というわけで、虫歯になったことがないというのは、私の数少ない自慢なのですが、歯周病は、残念ながらこういった虫歯のない人に多く顕れるようです。

お医者曰く、歯の健康な人は適切に歯を磨けていないことが多いから、だとか。

それはそうですよね、だって歯医者になんて人生で1〜2回、しかも幼少期にしか行ったことがないのですから、ブラッシングを教わることもありません。

ですが毎日しっかり磨いていたつもりでしたから、これもショックです。

 

ところで歯周病ってなに?

歯垢の中の細菌が原因となって、歯肉に炎症が起きるもの。重度の歯周病になると、歯を支える骨を溶かしてしまい、歯を失ってしまいます」

 

って怖!

 

歯周病の一番の予防や対策はやはり毎日の歯磨きです!

歯を失うわけにはいかない、頑張らねば、、、。

 

正しい歯磨きのやり方

毎日ちゃんと磨いていても、間違った歯磨きのやり方では効果がありません。

正しい歯磨きのやり方を、歯医者さんに教えてもらいました。

歯ブラシの選び方

  • 普通の硬さの歯ブラシ(症状が進行していれば、まずは少し柔らかめのもの)
  • 毛先が広がっていないもの(定期的に交換しましょう)
  • 特殊で高価なものでなく、普通のものでOK

歯と歯茎の間にしっかりブラシをあてる

ここが一番のポイントです。

  • 歯と歯茎の間の歯周ポケットにブラシを入れて、歯垢を掻き出します。
  • ブラシの角度は、歯の面に対して45度程度であて、歯と歯の間あたりで小刻みにブラッシングします。(歯と歯の間は意識してブラッシングをしないと、毛先が届きません)
  • この時に力を入れないこと。ブラシの毛先がしならず、歯垢を掻き出せなくなります。

慣れていないうちはチクチク痛いし、すぐ血が出るしでなかなか大変です。お医者さん曰く、「血が出るようにブラッシングをしてください」とのこと。血が出るということは、ブラシが歯茎に届いている証拠です。

 

う〜ん、私はこれらを知らずに、ほとんど歯の表面しか磨いていませんでした。 

 

これらをできれば毎食後、特に睡眠時に菌が活発に動くので、就寝前には念入りにブラッシングしてください。

歯磨き粉は?

ブラッシング時は使わなくてもいいです。歯ブラシと正しいブラッシングで十分に汚れは落ちます。気になるなら、最後に歯磨き粉を少しつけて磨いてください、とのことです。

 

定期的に歯医者さんへ行きましょう

最後になりますが、定期的な歯科検診は重要です。

正しいブラッシングができているか、歯茎は健康かなどは、お医者さんじゃないと分かりにくいですからね。

それに歯垢が固まってしまった「歯石」はブラッシングでは取れません。

歯石自体は無害なのですが、歯石の隙間に潜り込んだ歯垢歯周病の元になってしまいます。

健康な自分の歯で、人生を楽しみたいものです。

 

 

 

 

 

正しい座り方で、首と腰の負担を軽減しましょう

HEALTH

腰が痛い!

 

デスクワークをされている方や、家でずっとパソコンを触っている方。

楽器を弾いている方。

こんな方々は一日中座りっぱなしということも珍しくはないかと思います。

私はギターの演奏をやる上、重度のパソコン中毒ですので、慢性的な首と腰の重さに悩まされています。

それでも未だにヘルニアになっていないのはありがたいことで、そこそこ丈夫な体に産んでくれた両親に感謝しております。

 

私の周りの楽器演奏者も、ヘルニア、腰痛持ちが本当に多いです。

二足歩行を選んでしまった人間の宿命ではありますが、演奏や練習は長時間座りっぱなしで体も緊張しっぱなしですから、仕方のないことです。

ギタリストなんて足を組んで座る人も多いですからね、あれは腰には最悪ですよ、ホント。

 

ですが、正しい座り方をすれば、首や腰への負担が全く違います。

集中状態が持続して、楽器の練習やデスクワークが捗りますよ!

 

なぜ長時間座ると腰が痛くなるのか?

腰痛の原因は、筋肉の疲労や緊張、内臓疾患、不規則な生活習慣や運動不足、冷えから来るものがあります。ストレスやうつなどの精神的要因もあるとか。

ここでは悪い座り方で起こる、筋肉の疲労や緊張による腰痛の話を前提に進めます。

 

前述したとおり、人間は二足歩行を選んでしまったがために、上半身の体重全てが腰にかかっています。この上半身の体重を骨と筋肉で支えているのですが、座ることにより長時間体を固定するため、腰回りの筋肉が固まってしまいます。

さらには背骨や骨盤が正しい位置からずれてしまいやすく、不安定な体を支えようと、余計に筋肉を固めてしまいます。

ちなみに座っているときの腰の負担は、立っているときの2倍近くにもなるそうです。

 

腰はともかく、なぜ首や肩に負担がかかるの?

頭部は体重1割程度の重量があります。重いですね。

本来はこの重量を背骨と筋肉で支えるのですが、猫背になると頭があるべき位置より

前方に移動してしまい、首・肩・背中の筋肉で支える割合が増えてしまいます。

頭を前に傾ける角度が増すにつれて、最大27kgもの重量が首にかかると言われています。

そりゃ首・肩が凝るわけですわ。

猫背でのデスクワークはストレートネックの原因にもなりかねません、本当に姿勢は大事!

 

正しい座り方は?

それは、坐骨に体重を乗せて、骨盤を立てること、です。

坐骨とは骨盤の底部、座った時に体重のかかる部分です。

座った状態でお尻と椅子の接地する部分を触ると、骨の出っ張った部分があるはずです。

猫背になった状態では腰が丸まって、この坐骨にしっかりと体重がかかりません。

左右均等に坐骨に体重がかかる状態が、腰に負担の少ない、骨盤の立った状態です。

そうすると背筋も自然と伸びるはずです。

 

猫背の方は頭が前方に移動していると思います。頭部を後ろに引き、背骨に乗せてください。

どうでしょう?

こうすると頭、背骨、腰が一直線になり、負担が軽くなりませんか?

そうそう、足は床にしっかりと付けてくださいね。

 

机の高さも重要

正しい姿勢で座っても、作業する机の高さが適正でなければなりません。

低すぎると猫背になってしまいます。

肘の角度が90度程度になるのが理想です。 

 

バランスボールが腰に効く!

座り方とは違いますが、腰に非常に好影響を与えてくれるので紹介。

使い方は、イスの代わりにバランスボールに座るだけ!

数分も座っていると、デスクワークで溜まった腰の疲労が、楽になってくるのが分かるはずです。 

不安定なボールに座ることで、バランスを取ろうと筋肉が稼働するので、固まっていた筋肉がほぐれるからですね。

正直、腰痛緩和のためにストレッチをするよりも、断然腰が軽くなります。

重度の腰痛の方は、使用前にお医者さんに相談してくださいね。

 

クッションもオススメ 

とはいえ職場にバランスボールは現実的ではありません。

イスに敷く、腰痛予防のクッションも、かなり腰を楽にしてくれます。 

 難点は座る位置が高くなりがちなので、相対的に机が低くなり猫背になりやすいことでしょうか。

 

さいごに

慣れないうちは、正しい姿勢を維持するのはけっこう大変ですが、意識して改善しましょう。

腰を痛めると、人生を快適に過ごすのに大きなハンデを背負ってしまいます。

良い習慣を、一日一日積み重ねましょう! 

 

 

 

 

 

 

 

カンボジア旅行記 遺跡で遠い昔の人々を想う アンコールワットと天空の城ラピュタ

TRAVEL

みなさん、チョムリアップ・スオ!

 

アジアで遺跡といえば、やはりカンボジアですよね。

 f:id:nytheme:20170228135955j:image

いいですよね遺跡。

ところで遺跡の魅力ってなんでしょう?

  • 古代の建築様式を楽しむ
  • 少し寂しさや怖さを感じる
  • 非日常の空間を楽しむ
  • パワースポット

どれも正解だと思いますが、これだけでは物足りません。

 

今とは生活様式や文化こそ違いますが、かつてそこにあったであろう、私たちと変わらない人々の暮らしや歴史、当時の風景に想いを馳せる。

それこそが遺跡の魅力ではないかと思います。

 

 

シェムリアップ空港に到着。

f:id:nytheme:20170220185847j:image

 カンボジアの首都はプノンペンですが、アンコール遺跡にアクセスするならシェムリアップです。

 

建築途中なのか、放棄されたのか。骨組みが露出している建物が結構ありました。 

f:id:nytheme:20170220185906j:image

よく見ると気付くかと思いますが、道路脇にはほとんど排水溝がありません。

水はけが悪く、雨上がりに乾いた砂が舞ってしまいます。

かなりホコリっぽいので、トゥクトゥクなどに乗るときは、マスクのご用意を。

先進国には当たり前にある排水溝の恩恵なんて、あまり考えたことがありませんでしたなぁ。

 

アンコールトムへ

 

アンコールトムの地図

f:id:nytheme:20170223213544j:plain

 

アンコールトムとは、建築物の名前ではなく「大きな町」という意味です。

上記の地図の建物を内包する町の名前なんですね。

 

まず料金所でチケットを購入。

f:id:nytheme:20170220190228j:image

 

料金所から南大門へは電気自動車で移動しました。

もちろんバイクタクシーやトゥクトゥクもあります。

f:id:nytheme:20170222100542j:image

 

道の両側に108体の像がある。

f:id:nytheme:20170222100617j:image

 

こんな森の中を歩いていきます。

f:id:nytheme:20170222103643j:image

  

都城バイヨン(仏教

f:id:nytheme:20170222104432j:image

バイヨンはアンコールトムの中心にある城です。

 

バイヨンの地図

f:id:nytheme:20170223213841j:plain

 

回廊には12世紀の人々の生活模様が描かれています。

f:id:nytheme:20170222104650j:image

これは戦闘を描いているみたいですね。

人類の歴史とは戦争の歴史でもあります。まったく愚かなものですな。

 

 

至るところに顔が。この顔は観世音菩薩です。なんと54もあります。

 

f:id:nytheme:20170222105530j:image

 

う〜ん、イケメン!

f:id:nytheme:20170222105900j:image

 

f:id:nytheme:20170223214606j:image

 

顔、顔!

f:id:nytheme:20170223214632j:image

 

顔!

f:id:nytheme:20170223214649j:image

 

 象!

f:id:nytheme:20170223214511j:image

 

バプーオン(ヒンズー教

f:id:nytheme:20170223214855j:image

「隠し子」という意味らしいです。

一悶着あった当時のタイに、王妃が自分の子供を殺されないよう、この寺院に隠したという伝説があります。

だから「隠し子」ね。不倫とかじゃないみたいです。

 

200m続く空中参道。地上と天界をつなぐ虹の架け橋の意味があります。

f:id:nytheme:20170223214949j:image

 

こんな門もありました

f:id:nytheme:20170223215101j:image

 

でかい木です。海外の木って日本より高いものが多いですよね。

f:id:nytheme:20170223215136j:image 

 

猿と原動機付自転車

f:id:nytheme:20170223215309j:image

 

ピミアナカス(ピミャナカス)

f:id:nytheme:20170223215200j:image

「天上の宮殿」とかいう意味だとか。

この塔に宿るヘビの神様が、毎晩美しい女性に姿を変えて現れ、王は妻と寝る前に、彼女と交わらなければならなかった、という伝説が。

羨ましいような、そうでもないような。

 

タ・プローム仏教

f:id:nytheme:20170223215400j:image

ここはアンコールトム内部ではなく、1kmほど離れた場所にあります。

 

創設時は仏教僧院だったが、ヒンズー教の寺院に改宗されたと見られている。

仏教色の強い彫刻の多くが削り取られているのは、もったいないことです。

f:id:nytheme:20170223221306j:plain

 

巨大なヘビみたいだ。

 f:id:nytheme:20170223215437j:image

木の下を潜ったり、、、内部はかなり入り組んでいます。

 

映画版トゥームレイダーのロケ地としても有名ですね。

f:id:nytheme:20170224102833j:plain

 

私はゲーム版トゥームレイダーをやったことはありませんが、フォトギャラリーなどを見るとアンコール遺跡にインスパイアされたのであろうことが伺えます。

f:id:nytheme:20170223215504j:image

 

アンコールワット

 さて、この旅のハイライトです。写真の建物は西塔門です。

f:id:nytheme:20170225153319j:image

 

アンコールワットの地図

f:id:nytheme:20170225235021j:plain

 

西塔門をくぐると、、、。 

f:id:nytheme:20170225153455j:image

 

おお!なんか見えるぞ!!

f:id:nytheme:20170225153428j:image

 

アンコールワットヒンズー教

f:id:nytheme:20170225153733j:image

いや〜すごい、これは感動的だ。

写真だと伝わりにくいですが、圧倒的な迫力です。

 

中にも入れます。 

f:id:nytheme:20170225153815j:image

 

やはり回廊には壁画があります。

f:id:nytheme:20170225153858j:image

 

第二回廊の内側から。

f:id:nytheme:20170225154030j:image

 

五基あるこの尖塔は、宇宙の中心を模した物と考えられていました。

当時の王権を神格化するために、アンコールワットで宇宙観を実現したのです。

f:id:nytheme:20170225154312j:image

 

さて、アンコールワットがいちばん美しく見えるのは、何といっても日の出です。

アンコールワットは、背後から日が昇るように西向きに建てられており、日が昇るにつれてシルエットが浮かび上がります。

ですが私が行ったのは雨季。この時期、日の出は月に数回しか見れない、とのこと。

残念です。

悔しいので早朝のアンコールワットに日の出風加工をしてみました。

 

ドン!

f:id:nytheme:20170225154545j:image

おお、、神々しい、、、。

アンコールワットの日の出を見れなかったのは残念だけど、この写真で我慢しましょうか、、、。

 

背後が妙に明るい

出発の時間のためバスに戻る途中、なんか後ろが明るいな、と思い振り返ると、、、。

 

日が昇ってるやん!?

f:id:nytheme:20170225154616j:image

 

 

_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

東南アジア最大の湖 トンレサップ湖

シェムリアップの街中から11kmほどの場所にあるボート乗り場です。

f:id:nytheme:20170228191805j:image

 前日に雨が降ったので、湖はお世辞にもキレイとは言えませんねぇ。

まあ、ここは湖のキレイさを求めていくようなところでもありませんが。

 

トンレサップ湖の地図

f:id:nytheme:20170302115747p:plain

「伸縮する湖」と言われ、その大きさは乾季の約3000㎢から、雨季には約9000㎢にもなります。

東南アジアで最も淡水魚の種類が多いのだとか。

 

それではボートに乗り込みます。

f:id:nytheme:20170228191448j:image

 

 こんな子供たちが運転します。

f:id:nytheme:20170228191526j:image

 

トンレサップクルーズ、スタート。

f:id:nytheme:20170228191703j:image

 

水上村の住居。住人の多くがベトナム人です。

f:id:nytheme:20170228194745j:image

 

学校や病院、ガソリンスタンドまであります。

f:id:nytheme:20170228191744j:image

 

タライってホントに舟になるんだなぁ。

f:id:nytheme:20170228191957j:image

 

肩叩きをしてチップを稼ぎます。

f:id:nytheme:20170228191900j:image

 

ガイドさんが、カンボジアの貧富の差について話してくれました。

彼らは本当に貧しくて、「子供は産まれてこないほうがよかった」なんて言うんですよ。

 

そういえば他の遺跡でも、子供たちが物を売りに来ましたね。

ガイドさんに「親に金を取られるだけだから、買わない方がいい」と言われました。

買いましたけど。

f:id:nytheme:20170228194628j:image

 

細い水路を抜けると、広がる見事な水平線。ホントに湖か?

f:id:nytheme:20170228192111j:image

 

クルーズでは休憩に養魚場に寄ります。おみやげもたくさんありますよ。

大蛇と寝そべっている子供たちもいて驚きました。

あれだけ人に懐いていると、蛇もカワイイかも?

 

料金交渉でのトラブル

料金をふっかけられるなどのトラブルもあるようです。

無用な時間や体力を使いたくなければ、旅行会社を通した方がいいですね。

 

 天空の城ベンメリアへ

実はアンコールワットよりも楽しみにしていました。

天空の城ラピュタのモデルになったと言われているのが、ここベンメリアです。

が、この遺跡の詳細の公開が、映画公開より後のようなので、真偽はわかりません。

 

アンコールワットから40kmほど離れた場所にあり、車で向かいます。

たまたま日本のツアー客と一緒になり、色々な旅行話をしました。

こういうのも旅行の醍醐味ですね。

f:id:nytheme:20170228192245j:image

 

入り口にあるナーガの像

f:id:nytheme:20170228192417j:image

 

進んでいくと、、、

f:id:nytheme:20170228192540j:image

 

牛が!、、、ってどうでもいいですね。

f:id:nytheme:20170228192624j:image

 

出た!

f:id:nytheme:20170228192709j:image

ベンメリア正門です。

 

森の中をしばらく歩きます。 

f:id:nytheme:20170228192748j:image

 

f:id:nytheme:20170228192859j:image

 

ベンメリアの地図

f:id:nytheme:20170302121403j:plain

 

 おお、、、。

f:id:nytheme:20170228193011j:image

 

遺跡内は崩落しているので、足場が設置されています。 

f:id:nytheme:20170228193709j:image

 

f:id:nytheme:20170228193755j:image

 

f:id:nytheme:20170228193933j:image

 

巨人兵が出てきそう。

f:id:nytheme:20170228193142j:image

f:id:nytheme:20170228194102j:image

 

f:id:nytheme:20170228193415j:image

 

アプサラの踊りとポル・ポト

f:id:nytheme:20170223215706j:image

 

ディナーショーでアプサラの踊りを見ました。

9世紀ごろに生まれたクメールの宮廷舞踊です。

踊り子の反り返った手指に特徴があり、その動きや形は、生命の営みを花の芽生えから実が落ちるまでに例えています。 

もちろん頭や腕、足の動きにも意味があり、それらが魂の言葉として感情を表現しています。

踊り子は神への祈りのために踊る、人間と神様との仲介者なんですね。

 

この踊りは、人類史上最悪の独裁者の一人、ポル・ポト政権時代(1975−1979)に途絶えかけてしまいました。

300人を超す先生や踊り子のうち、90%もの人々が処刑され、振り付けが記録された書物も、ほとんど消失したのです。

他にも美男美女や知識・技術がある者(医者、教師、職人ですね)を共産主義の邪魔になる、と処刑し、わずか4年で人口は1/3に減少。もちろん他の伝統文化も根絶やし。

こうして書いていても信じられん、イかれてます。

 

ですがアプサラの踊りは、難を逃れた数人の先生によって息を吹き返しました。

1000年以上もの間、研鑽と継承を重ねた伝統は、そうそう滅んだりはしませんね。

 

カンボジア旅行の際は、ぜひアプサラの踊りも観てください。

苦難の歴史を想うと、その感動もひとしおではないでしょうか。

 


Apsara Dance Royal ballet of Cambodia

 

 

インド旅行記 最高に濃くてカオスな国でした ガンジス川とガンジーさまのお墓編

TRAVEL

みなさん、ナマステ!

 

タージマハル観光の後、夜行列車でバナーラスに到着。

 

こちらもどうぞ

nytheme.hatenablog.com

 

朝に到着するはずが、もう昼じゃん。結局4〜5時間の遅れになりました。

f:id:nytheme:20170216223520j:image

 

さあ、行ってみましょう!

 

 

サールナートで宗教を考える

この日はガンジス川ではなく、ブッダが初めて説法をしたとされるサールナートに行きました。 

ブッダが悟りを開いたのはインドなんですよね。

(悟りを開いた場所は東インドにあるブッダ・ガヤーというところですが、今回は行きませんでした、残念)

ダメークストゥーパ

f:id:nytheme:20170216223634j:image

ストゥーパとは、ブッダの遺骨を土を盛った塚に収めて崇拝したのが起源といわれています。ブッダや彼の教えの象徴なのです。

修行者たち

f:id:nytheme:20170216224139j:image

 

ムールガンダ・クティー寺院

f:id:nytheme:20170216224200j:image

 

この中にはブッダの生涯を描いた壁画があります。

野生司香雪(のうすこうせつ)さんという日本人が(!)戦前に書いたそう。

f:id:nytheme:20170219004155j:image

 

インドはヒンズー教の国ですが、仏教徒の聖地です。仏教国の時代もありました。

タージマハルなどの、いわゆる「インドらしい建築物」はイスラーム教時代のものです。

その後はイギリスに支配される、キリスト教の時代です。

他にシク教ジャイナ教なんてものもあります。

これだけの宗教・思想が混在する国は他にありません。

これがインドを味わい深く、そしてカオスな国にしているんですね。

 

夜のバナーラス

サイクルリクシャーに乗りました。

溢れかえる人、バイク、車、そして牛。それらを見事にかわして運転します。

f:id:nytheme:20170216224402j:image

 

ガンガーではプージャー(礼拝)が行われていました。

f:id:nytheme:20170216224450j:image

音楽と太鼓が鳴り響くスペクタクルでした。

これが毎晩行われているのか、、、。

 

ガンジス川

翌早朝、ガンジス川へ。夜の喧騒が嘘のように静まり返っています。

f:id:nytheme:20170216224611j:image

 

おお、これがガンジス川!ついに到着しました。

これから船に乗って遊覧します。

f:id:nytheme:20170216224706j:image

 

ガートが見えてきました。おや、なんかカラフル?

f:id:nytheme:20170216224945j:image

 

なんじゃこりゃ!

f:id:nytheme:20170219003125j:image

 

神聖な川の岸にこんな建築物。日本だと「不謹慎だ」とか言う人が現れそうです。

f:id:nytheme:20170219003254j:image

 

久美子さんの家も。

f:id:nytheme:20170219003344j:image

 

ガートとは「岸辺から階段になって河水に没している堤のこと」です。

基本的には沐浴する場所ですが、火葬しているガートもあるので、そこでは写真を撮るのは控えましょう。カメラもしまうこと。いらんトラブルが起こりかねません。

写真を撮ってはいけない場所は、ガイドさんが教えてくれます。

 

それにしても水上は寒いです。涼しい時期の遊覧の際は厚着をしてください。

f:id:nytheme:20170219003435j:image

ガンジス川で沐浴

私はやりませんでしたよ笑

神聖な川ですが、下水が流される上、死体が浮いていたりするので衛生面は、、、。

屈強な方でも体調を崩すと言いますし、短期滞在の方にはお勧めしません。

制約がなければ挑戦してみたいような、したくないような。

新しい世界が見えたかもしれませんな。

 

陽が出てくると、ガートも色合いを変えます。

f:id:nytheme:20170219003714j:image

 

水上では土産売りがボートをつけてきます。

ナグラさんのそっくりさんが「バザールでござーる」なんて言うもんで、ついつい買いそうになりました。

 

 

神々しいですな。

この日の出を遮らないよう、岸の反対側には建築物がありません。

f:id:nytheme:20170219003923j:image

30分ほどで遊覧は終了。

少しだけ現世から切り離されたような、不思議な感覚でした。

 

この後に振舞ってもらったチャイは本当に美味しかったです。

ガンジス川の水は使ってイナイ」だそう。

 

ガンジーさまに会いに行く 

デリーに戻り、ガイドさんも変わりました。

このガイドさんは奥さんとお子さんが2人いるらしく、車の中で家族の写真を見せてくれました。好きな日本の曲も紹介してくれて、おもてなしの精神を感じます。

 

ですがどうも新人さんのようで、案内も不慣れの様子。

朝の迎えは遅刻してきてしまいました笑

 

この日はデリー旧市街の観光です。

レッド・フォートとジャマー・マスジットの観光をしました。

ガイドさんは私以上にはしゃぎ、パンフなどを買っていました。

おいおい、もしかして初めて来たの?

 

そしてインドといえば、やはりガンジーさまでしょう。

ガイドさんは「ガンジーさま」と呼んでいましたので、私もそれに習います。 

ガンジー (字幕版)

ガンジー (字幕版)

 

旅行前に見て予習したのですが、とてもいい映画でした。

主演のベン・キングズレーさんがガンジーさまそっくりなものですから、現地でのロケで大騒ぎになったとか。

 

ガンジーさまはイギリス統治下にあったインドを独立に導いた、「独立の父」ですね。

デリー旧市街にあるラージ・ガートに眠っています。

f:id:nytheme:20170219171136j:image

遺体はここで焼かれた後、各地の河に流されたので、厳密にはお墓ではありません。

 

きれいな公園です。

f:id:nytheme:20170219171252j:image

 

公園の中心にガンジーさまのお墓が。現地の人がお祈りをしていました。

f:id:nytheme:20170219171438j:image

映画「ガンジー」、マジでオススメです。インド旅行に深みが増しますよ! 

 

なんか雲行きが怪しい

これからデリーの浅草であるところの、チャンドニー・チョウクに向かいます。

と思ったらガイドさんがオロオロ。

地図を見ながらキョロキョロ、通行人やリクシャーに声をかけ始めました。

 

これ、迷ってんじゃないか?

f:id:nytheme:20170219171557j:image

 

ボスとの定時連絡の電話では感情的になり始める始末。

ガイドさん、電話を切って泣きながら私にこう言いました。

「ワタシ、首にナリマシタ」

 

結局チャンドニー・チョウクには行けずじまい、新しいガイドさんと入れ替わりました。

う〜ん、そこまでしなくてもいいのに、、、。

家族の写真を見ちゃったから、なんか罪悪感。私、悪くありませんが。

 

ところで新しいガイドさん、日本語全然喋れませんけど!

英語もかなり怪しいし、グダグダだ。元に戻して、、、。

 

この日の昼食はタンドリーチキンの予定でした。

毎日毎日何食もカレーで、嫌気が指していたので、本当に楽しみにしていました。

しかしスケジュールが狂って目的のレストランには行けず、代わりにファーストフード店に。

 

出て来たのはカレーでした!

f:id:nytheme:20170219171630j:image

ほんまグダグダ!

 

ちなみに例のガイドさんは、首にはならず仕事を続けているようです。

ヨカッタヨカッタ。

インド旅行記 最高に濃くてカオスな国でした タージマハル編

TRAVEL

みなさん、ナマステ!

 

みなさんのインドのイメージってどんなでしょう?

「カレー」「ガンジー」「0が生まれた国」「紅茶」などでしょうか。 

物騒なニュースもよく耳にしますので、「危なそう」という印象もあると思います。

私もインドに行くのは少しビビっておりましたが、やはり旅好きとしては外せない国でしょう。意を決して行ってまいりました。(2014年秋)

 

旅のプランは?

今回は一人旅。日本でそこそこ安いツアーを申し込み、現地人のガイドさんに案内してもらいました。

デリー、アーグラー、バナーラス(ベナレス)、アウランガーバードを2週間ほどで回るコースです。

インド旅行を全て自分で手配し、ガイドも自分で現地で雇おうと思うと、相当な難易度に感じました。詐欺師も多いですからね。

安心安全な国ではありませんし、完全にひとりで行った知り合いも、いろいろなトラブルに逢ったようです。強盗とか。

インドの完全な個人旅行は、一人旅の経験と知識があり、トラブルも楽しむ余裕がある方向けですね。

 

代理店を通すなら、大手であるほど快適で、料理やガイドさんの質もいい傾向です。

お金をとるか、快適さをとるか。無理をせず、身の丈にあったプランがいいでしょう。

 

デリーに到着

日本から直行便でおよそ8時間。キレイな空港でしたよ。

f:id:nytheme:20170213220218j:image

北インドは日本と経度があまり変わらないので、気候も日本と同じくらいかな。

秋に行きましたが、朝夜は冷えますな。 

暑いイメージがあるのは南の方です。

 

空港から市内には、車でおよそ1時間ほど。

f:id:nytheme:20170213214732j:image

 

インドでは文化の違いに驚かされてばかりでしたが、空港を出ていきなり驚きました。

 

とにかく交通マナーが悪い!

 

クラクションが常時鳴りっぱなし、4車線の道路に6列で走る車、そんな中をバイクがスイスイすり抜けて行く、、、。

 

ひえ〜、なんて面白い国だ!と思いましたよ笑

ほんまカオスです。

 

他の都市にも行ってわかったんですが、デリーは大都会なので比較的マナーはいい方です。初めてインドに行くひとは「これでマナーがいい方なのか」と驚かれることでしょう。

 

ホテルに到着。今夜はここで、おやすみなさい。

ホテルのみなさん、めちゃ親切でした。

f:id:nytheme:20170213231811j:image 

 

インドではトイレットペーパーを使う習慣がありません。手と水で洗います。

私も覚悟して行ったのですが 、中級以上のホテルにはトイレットペーパーが置いてありました。

 

アーグラーへ

翌朝。これから夢のタージマハルを見に行きます。

日本の9倍の面積を誇るインドの移動は電車が基本です。

ですが本数はめちゃくちゃ少ないし、1時間程度の遅刻は当たり前。

電車が来てもそれが正しい電車なのかわかりづらいし、すぐに出発してしまうので、基本的にダッシュです。

分単位のスケジュールで、かつほとんど遅刻のない日本の鉄道事情を話したら、ガイドさん、「ホントデスカ?」って驚いてましたわ。

ほんまカオス!

f:id:nytheme:20170213214759j:image

 

2時間ほどでアーグラーに到着。

f:id:nytheme:20170213214911j:image

 

写真のリクシャーが現地人の足です。

日本人はぼったくられるので、乗るときは覚悟を。ちゃんと事前に交渉をすること!

f:id:nytheme:20170213214933j:image

とはいえ、たいていの日本人はインド人より裕福です。

現地人より多く取られることに、あまり目くじらを立ててもね。

 

タージマハルに行く前に、アーグラー城に。

f:id:nytheme:20170213220456j:image

 

まるで要塞だ。

f:id:nytheme:20170213220641j:image

 

わかりづらいですが、遠くにタージマハルが見えます。

f:id:nytheme:20170213220714j:image

 

さて、このアーグラー城とタージマハルがなんなのか知らないと、ほえ〜すごい城だなぁ、で終わってしまいますので、ちょっと歴史の授業を。

 

タージマハルはお墓なんです。

シャー・ジャハーンという皇帝が、亡くなった愛する妻のために建てたものです。

しかし謀反を企てた息子、アウラングゼーブによってシャー・ジャハーンはアーグラー城に幽閉されてしまいました。

7年後に死を迎えるまで、毎日妻に思いを馳せはがらタージマハルを見ていたことでしょう。

なんとタージマハルの対岸に、自分の墓として「黒いタージマハル」を建てるつもりだったとか。ぜひ見てみたかったなぁ。

 

念願のタージマハルへ

タージマハル正門

f:id:nytheme:20170214001817j:image

ここをくぐると、、、。

 

出た〜〜〜〜、タージマハル!!

f:id:nytheme:20170213215108j:plain

 

おお、なんと美しい、、、。

時間帯によって陽の光で、タージマハルはその姿を変えます。 

さすが世界一美しいと言われるだけありますわ。ハンパねぇ。

 

タージマハル内部にも入場できます。

その際は靴を脱ぐか、靴にビニールを被せます。

内部で勝手にガイドしてくれる人がいますが、有料です

必要なければきちんとお断りしましょう。ノーマネー。ノーサンキュー。

f:id:nytheme:20170214171025j:image 

 

インド人ってどんな感じ?

昼はカレー。手前の米や真ん中のナンに、数種類のカレーをつけて食べます。

f:id:nytheme:20170213215241j:image

うまいんですが、毎日何食もカレーが出てくるものですから、食事が二日目でいやになりました。カレーじゃないときはとても嬉しかったものです。

食べられるだけ、ありがたいんですけどねー。

この辺りはツアー会社にもよるでしょうな。

 

多くのインド人はヒンズー教徒で、彼らは食事の際に右手のみを使います。

左手は「不浄のもの」で、食事中は一切使いません。ナイフやスプーンなども使用せずに、素手で器用に食べます。右手のみでナンをちぎって食べるのには感心しました。

だもんで指はどんどん汚れていきます。

おしぼりはないし、その指はどうするのかな、と観察していると、、、。

 

ベロベロと舐めてました!

 

今夜は夜行列車でガンジス川に向かいます。

だいぶ時間が余ったので、公園で休憩。写真はガイドさん。

f:id:nytheme:20170213215401j:image

 

ガイドさんは医学生で、バイトです笑

でも優秀ですよ。英語・イタリア語・日本語とインドの方言を数種類喋れます。

インドは国土の広さから方言が多数あり、同じインド人でも言葉が通じません。

なので英語が公用語として使われているんですね。

語学を勉強している身としては、非常にうらやましい環境です。

 

お互いに英語と日本語を教えあいながら、わきあいあいと楽しく過ごしました。

予定にないコースに連れて行かれて、ぼったくられましたけどね。

無理やり連れて行かれたわけではありません。日本人の人の良さが分かった上で、上手に提案してきます。

行きたければ行けばいいし、嫌なら断りましょう。

多少は食い下がってきますが、「上に報告するよ?」といえば黙ります。

バレたらクビになりますからね。

 

ガイドさん本人が言っとりました。

 

「インド人を信用してはダメ」

 

でも、いい人もたくさんいますよ。

 

夜行列車はインド旅行の醍醐味

これから夜行列車で10時間かけてガンジス川を見に行きます。

f:id:nytheme:20170213220051j:image

 

電車がいつまでたっても来ません。めちゃくちゃ寒いです。

ガイドさんにどのくらい遅れるのか聞いたら、「インド人にもわからない」と言われました。

f:id:nytheme:20170214165612j:image

 

結局3時間遅れで到着。ひどい時は半日以上遅れるらしいです。

寝台列車は寒いし狭いし快適とは言えませんが、なかなかいいものです。

f:id:nytheme:20170213220119j:image

相部屋のインド人とたまに喋ったり。(ガイドさんには喋るな、と言われましたが)

少しくらい英語ができた方が楽しいですよ。

 

相部屋のにいちゃんに、「日本語のムシムシってなに?」と聞かれました。

「蒸し蒸し」かなと思い、日本の夏はジメジメしている旨を伝えましたが、にいちゃんは納得いかない様子。

思い返せば、あれは電話するときの「もしもし」だったのかもな!

 

晩御飯はもちろんカレーですわ!

 f:id:nytheme:20170214165755j:image

 

まだまだカオスな旅は続きます。

 

レザークラフト:入門編 キットのブックカバーをつくる

HOBBY

今日はブックカバーキットに挑戦します。

f:id:nytheme:20170110192700j:plain

 

レザークラフトは一から作ろうと思うと、いろいろな種類や厚さの革から適したものを選び、寸法をとって裁断しないといけませんが、キットだとそれらをやってくれているので、入門には非常にいいものだと思います。

他にも財布やカバンなど、いろいろなキットがありますよ。

 

 

ブックカバーキット製作に使ったもの

  • トコノール
  • プレススリッカー
  • コンパス
  • 菱目打ち(4本・2本)
  • 目打ち
  • 木槌
  • ゴム板
  • 両面テープ(2mm幅ほどの細いもの)
  • 縫い針(2本)
  • 革用スムース糸
  • ハサミ(カッターでもOK)
  • ライター

床面を磨く

まずは床面(裏側)にトコノールを塗ります。

f:id:nytheme:20170211154020j:image

 

 半乾きになったらプレススリッカーで磨く磨く。

f:id:nytheme:20170211160029j:image

 

磨くこと数分。腕が疲れてきた、、、。

ムラも気になりますなぁ。

トコノールは一気に全体に塗らないほうがいいのかな。

f:id:nytheme:20170211160057j:image

 

 

f:id:nytheme:20170211160147j:image

 

1時間ほど置いたもの。

多少ムラは残るものの、トコノールも乾いて滑らかな触り心地に。

f:id:nytheme:20170211160204j:image

 

穴をあける

コンパスで穴あけのガイドラインを引いていく。幅は3mmです。

f:id:nytheme:20170211160328j:image

私は裏面にガイドラインを入れてしまいましたが、表面にライン入れるのが基本です。 

 

コーナーも慎重に。

f:id:nytheme:20170211160351j:image

 

キットを仮組みして、穴をあける。

f:id:nytheme:20170211160409j:image

 

菱目打ちを木槌で叩いて、あけるあける。

 f:id:nytheme:20170211165922j:image

 

ふー、けっこう疲れますね〜。

重なった革の穴が上下でズレないようにするのは、コツや経験が必要そうです。

だいぶ雑にあけてしまったので、職人さんが見たら卒倒するかも。

f:id:nytheme:20170211165949j:image

二枚の革を重ねて菱目打ちする場合は両面テープで固定します。

私はそれに気づかずにテープを使わず、無駄にハードルを上げて余計な穴をいくつも空けてしまいました。

 

糸を縫い付ける

 

側面を磨く 

そうそう、最後に側面も磨かないとね。

側面はプレススリッカーの凹面を使うと磨きやすいです。

f:id:nytheme:20170211160127j:plain

 

本とペンをつけて完成